記事一覧

借金の減額をする

女性

専門家に相談する

債務整理とは様々な方法で返済できなくなった債務を返済できる形に整理する事です。債務整理の主な方法として挙げられるのは任意整理と個人再生と自己破産があります。任意整理とは裁判所など公的な機関を介さずに債権者と債務者との間で交渉をして支払い金額や期限の取り決めなどを見直す方法です。強制力はないので、双方の同意がなければ成立しません。個人再生は裁判所に免責を受ける方法で債務の一部を免除してもらって返済額を減らします。裁判所に免責を認められれば債権者の承諾がなくても借金が減額されますが、全額免責されるわけではないので減額効果は低いです。全額免責を受けたケースと比べれば制限を受ける範囲は限定的ですが、免責を認めてもらう代わりに制限を受けます。自己破産は裁判所に免責を認めてもらって債務の全てを免除してもらう方法です。免責を受ける際にはギャンブルや投資によって作った借金だと免責不可事由になるので、裁判所に免責を認めてもらえません。当然自己破産後は制限も受けますが、全額免除されるので減額効果は3つの方法の中で最も高いです。債務整理を行うべきかどうかの判断は素人には難しいですが、司法書士や弁護士などの専門家に相談する事で的確なアドバイスをもらう事ができます。実際に債務整理を行う時も手続きや相手との交渉を知識や経験のない素人が一人で行うのは非常に難しいです。これらの手続きも専門家に任せる事で正確に行う事が可能です。