記事一覧

専門家に依頼し回収

メンズ

信用情報に登録されない

債務整理の手続きの中でも任意整理は、契約開始から直近までの取引履歴を利息制限法以下の金利に引き直し再計算を行い、払い過ぎていた利息がある場合減額をする手続きです。そのため、今よりも高い28%や29%といった金利で取引していた期間がある方は過払い金が発生している可能性があるため、今抱えている借金を減額し、減額された金額を一括または3年以内に分割で返済できるように返済計画を立て直します。任意整理に限らず、債務整理をする場合のデメリットになるのが信用情報に事故情報が登録されてしまうことです。これの何が問題かというと、今後家を建てたい、クレジットカードを作りたい、などローンを利用したい時に審査に通らなくなってしまうのです。債務整理をするということは、お金に困っている返済能力がないために行う手続きですから、返済能力のない人に融資は行わないのです。今後、家を建てようと考えている人は、信用情報に登録されるのはネックです。それでもずっと登録されているわけではなく5年間になります。ただし、任意整理で債務整理を行っても信用情報に事故登録されないケースもあります。それは、現在抱えている借金の元本よりも払い過ぎた利息の方が多い場合です。つまり、本来であればもっと早く完済をしていたことになります。そうなると事故は付かないのです。過払い金は、引き直し計算した金額を100%返還できるわけではないです。満額近い金額を回収するには弁護士交渉力によって異なります。債務整理に強い弁護士を選ぶことです。